建売住宅と注文住宅

建売住宅と注文住宅の違い

建売住宅と注文住宅の違いとは

建売住宅と注文住宅の違いは、自分で建てる家を決めるか、建てられた家を買うかという事です。建売住宅は、ほぼ同じ間取りや設備の住宅をいくつか建築し、土地と合わせて販売している住宅を言います。実際に建てられた住宅を見て購入でき、価格が安い事が特徴です。注文住宅は、間取りや設備などを自分で決めて、自分の土地に建築する住宅を言います。法令に反しない限り自由に建築できる反面、それに掛かる費用や手間は多くなる傾向にあります。

↑PAGE TOP